脂肪肝の対策として糖質を制限することを紹介しました。
脂肪肝と診断されたら日々のカロリーには気をつけていると思います。

 

最近の食品や飲料にはカロリーゼロ、カロリー低といった表記がよく見受けられます。

 

日々のカロリーに気をつけているのであれば、カロリーゼロ等の食品を優先して食べているはずです。

 

では、このカロリーゼロや糖質ゼロであれば思いっきり食べていいのか考えてみたいと思います。

 

まず、ゼロ・低の定義は以下の通りです。
カロリーオフ :食品100g中5カロリー以下

 

飲み物100g中5カロリー以下
糖質ゼロ  :食品100g中5g以下
飲み物100g中g以下

 

このように「ゼロ」の表記であっても全く含まれていないわけではありません。
しかし、たかだか知れている量です。
少しぐらい多めに食べても大丈夫のように思えます。

 

しかし、ゼロカロリーのジュースが通常のジュースより太る可能性があるという話しがあります。それは、ジュースに使用されている人工甘味料によるためです。

 

アスパルテーム、サッカリン、スクラロースなどの人工甘味料を含んだジュースを飲料するとインスリンが分泌されますがカロリーがないためエネルギーに変換できません。

 

そうすると身体はエネルギーを必要とし食欲が増加します。 また、エネルギーに変換するカロリーがないことによりインスリンを出す機能が衰えます。

 

インスリンを出す機能が衰えるとカロリーに変換できる食べ物や飲み物が入ってきた場合にエネルギーに変換できずに脂肪として蓄積されます。

 

これがゼロカロリーでも太るということです。
「ゼロカロリー」だからといってばか飲みはしないようにしましょう。