尿から健康状態をチェックする

脂肪肝に限らず肝臓の病気は自覚症状のない病気ですが、病院で検査を受けなくてもチェックすることは可能です。

 

チェックする方法の1つが尿による確認です。
肝臓の病気は自覚症状が出るまで放置すると病気が進行して状態がかなり悪くなる可能性がありますが、尿をチェックすることでセルフチェックをすることで少しでも早く発見することが可能となります。

 

セルフチェックで異常が続いた場合は病院に行って検査を受けるようにしましょう。

 

尿というと腎臓というイメージがありますが、肝臓の病気が尿に影響することもあります。
脂肪肝が影響して尿の色が濃くなる・泡立つケースについて順に説明をしていきます。

 

肝臓が影響して尿の色が濃くなる

病気により肝機能が低下して尿の色が濃くなる場合があります。
その病気の1つの脂肪肝があります。

 

ではなぜ肝機能が低下すると尿の色が濃くなるかについて説明します。
肝臓は血液中のビリルビンを処理して胆汁中に捨てますが、肝臓の機能が低下するとビリルビンが処理されず尿に排出されます。

 

ビリルビンの色が濃い黄色なので尿の色が濃くなるように見えます。

 

尿の色が濃くなるということは健康な人でもあることです。
少しぐらい尿の色が濃くなったからといってそれほど心配は入りません。

 

肝臓が影響して尿が泡立つ

尿の色が濃くなるということと同様に尿が泡立つケースも肝臓の病気の可能性があります。
尿が泡立つのは糖尿病のほうが可能性が高いのですが、肝臓や腎臓のケースもあります。

 

尿が泡立つのは脂肪肝など肝臓が原因である場合は、タンパク質などを代謝する機能が低下したため尿にタンパク質が含まれて尿が泡立つことになります。

 

腎臓障害の場合は泡の目が細かく、肝臓障害の場合は目が粗いともの言われていますが病院に行って検査を受けることが重要です。

 

脂肪肝で尿が泡立つのは初期の段階と言われているので対策をして悪化させないようにしましょう。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。