尿から健康状態をチェックする

脂肪肝に限らず肝臓の病気は自覚症状のない病気ですが、病院で検査を受けなくてもチェックすることは可能です。

 

チェックする方法の1つが尿による確認です。
肝臓の病気は自覚症状が出るまで放置すると病気が進行して状態がかなり悪くなる可能性がありますが、尿をチェックすることでセルフチェックをすることで少しでも早く発見することが可能となります。

 

セルフチェックで異常が続いた場合は病院に行って検査を受けるようにしましょう。

 

尿というと腎臓というイメージがありますが、肝臓の病気が尿に影響することもあります。
脂肪肝が影響して尿の色が濃くなる・泡立つケースについて順に説明をしていきます。

 

肝臓が影響して尿の色が濃くなる

病気により肝機能が低下して尿の色が濃くなる場合があります。
その病気の1つの脂肪肝があります。

 

ではなぜ肝機能が低下すると尿の色が濃くなるかについて説明します。
肝臓は血液中のビリルビンを処理して胆汁中に捨てますが、肝臓の機能が低下するとビリルビンが処理されず尿に排出されます。

 

ビリルビンの色が濃い黄色なので尿の色が濃くなるように見えます。

 

尿の色が濃くなるということは健康な人でもあることです。
少しぐらい尿の色が濃くなったからといってそれほど心配は入りません。

 

肝臓が影響して尿が泡立つ

尿の色が濃くなるということと同様に尿が泡立つケースも肝臓の病気の可能性があります。
尿が泡立つのは糖尿病のほうが可能性が高いのですが、肝臓や腎臓のケースもあります。

 

尿が泡立つのは脂肪肝など肝臓が原因である場合は、タンパク質などを代謝する機能が低下したため尿にタンパク質が含まれて尿が泡立つことになります。

 

腎臓障害の場合は泡の目が細かく、肝臓障害の場合は目が粗いともの言われていますが病院に行って検査を受けることが重要です。

 

脂肪肝で尿が泡立つのは初期の段階と言われているので対策をして悪化させないようにしましょう。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら