脂肪肝改善の基本は肝臓のサポート

脂肪肝というのは肝臓に脂肪が蓄積されることで肝機能が低下していくことです。
肝臓に脂肪が蓄積される理由はいろいろありますが、肝臓に通常以上の負担が掛かったことにより機能が低下して脂肪が蓄積したということです。

 

ですので脂肪肝におすすめのサプリメントなどは肝臓をサポートする成分がたくさん含まれているものが多いです。
肝臓の負担を減らして正常な動きにしましょうということになります。

 

肝臓は再生力が高い臓器なので負担を軽くすれば元に戻ります。

 

TG値を減らすことで脂肪肝も改善する

脂肪肝という肝臓に眼が行きがちですが、肝臓に中性脂肪が蓄積された状態なので脂肪を減らすことも改善策の1つです。

 

食生活の乱れや運動不足が原因で脂肪肝となっている人は中性脂肪すなわちTGの値も高いことが予測されます。
TGというのはトリグラセリドの略です。

 

TGは健康診断や人間ドックで普通に入っている検査項目なので値を確認するといいでしょう。
TGの基準値は50〜149mg/dlで150mg/dl以上が異常値となります。

 

異常値であったのではないでしょうか?

 

TG値を減らすことで血液中の中性脂肪が減るので肝臓の中性脂肪も減り脂肪肝も改善するということになります。
TG値を減らすというのも1つの方法です。

 

TGを減らす方法は

TGを減らすための方法というのが、脂肪肝で言われている対策と非常によく似ています。
つまり運動と食事なのです。

 

生活習慣病という言い方をすればどちらも同じということでしょう。
運動は、脂肪を燃焼するための有酸素運動をするということです。

 

食事に関しては「しじみ」ではなく「あじ・さば」などの青魚を食べるようにするということです。
青魚はTGを減らす成分であるDHAやEPAを多く含んでいるからです。

 

食事を肉中心から魚中心に変更しないといけません。

 

しかし、しじみと同様に普通に青魚を食べるだけでは必要な量の成分を摂取することができないためサプリメントで補うという方法もあります。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら