脂肪肝で死亡するケースとは

脂肪肝というと昔は軽い病気として扱われてあまり重要視されていませんでしたが、最近では脂肪肝からNASHに移行することもあって生活習慣病の1つとして重要視されるようになってきています。

 

それでも癌・心筋梗塞などと比べると死亡には遠い病気です。
NASHが危険な病気といっても脂肪肝からNASHになり肝硬変になるにはかなりの時間が掛かります。

 

脂肪肝で死亡するというのは、アルコール性の脂肪肝の場合ではお酒の飲み過ぎで肝硬変になる、非アルコール性の場合であれば脂肪肝がNASHになり肝硬変になるケースです。

 

肝臓に脂肪が蓄積して肝機能が低下することはあっても死亡することはあまりない病気と言えるでしょう。

 

脂肪肝の人が突然死する理由とは

しかしながら脂肪肝になると突然死のリスクが30倍以上にも上がります。
突然死なので脂肪肝が直接の原因ではありません。

 

では、どういった理由で死亡するかというと心筋梗塞・脳内出血などの血管系の病気が死因となります。
なぜ、これらの病気になるかというと、脂肪肝になると肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病といった死の四重奏という状態になることが多いので突然死のリスクが高くなります。

 

脂肪肝では治療をしなくても高血圧や高脂血症では治療をするということはありえます。

 

脂肪肝にならないような対策をすることで肥満や高血圧の対策にもなります。

 

生活習慣を改善して適度な運動を行い、脂肪肝にならないかまたは改善するための努力をするようにしましょう。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。