過度のストレスは肝機能を低下させる

ストレスが肝臓に影響するのは以外かもしれませんが、強いストレスが原因で肝機能は低下をします。

 

なぜ、強いストレスが原因で肝臓の機能が低下するかというと、強いストレスが掛かるとストレスに対抗するために交感神経が緊張します。
交感神経が緊張すると肝臓を動かす神経がうまく働かなくなり肝臓に負担が掛かり疲労します。

 

断続的な負担であれば、肝臓への負担も小さく疲労した肝臓も元に戻りますが、強いストレスが継続して加わると肝臓の疲労も激しく元に戻りにくく機能が低下することになります。

 

肝機能の低下により脂肪肝となる

肝臓の働きとして、エネルギーの代謝や解毒といったものがありますが、肝機能が低下することでエネルギーの代謝や解毒ができなくなり脂肪として肝臓に蓄積することになります。

 

これがストレスにより脂肪肝となる理由となります。
アルコール性の脂肪肝と似たような理由です。

 

アルコールは、アルコールの過剰摂取により肝機能が低下しますが、ストレスの場合は強いストレスが継続的に加わったためということです。

 

アルコール性はアルコールをやめれば脂肪肝も改善するのでストレス性もストレスがなくなれば肝機能は改善して脂肪肝もなくなるということになります。

 

ストレスが多いとされている現代なので完全にストレスをゼロにするのは難しいように思えます。

 

ストレス性の脂肪肝を改善するには

では、ストレス性の脂肪肝を改善するにはどうしたらいいか?

 

ストレスに対しては減らす努力をする以外にありません。
ゼロにすることはできないので状況によっては肝臓に負担をサポートするような食べ物を食べたほうがいいかもしれません。

 

ストレスに加えてさらに問題があります。
それは、生活習慣です。

 

規則正しい生活ができていないので余分なエネルギーが肝臓に溜まりやすくなります。

 

こういった事情を見ていくと簡単には改善できそうに思えません。
肝臓にいい食べ物、しじみを少しぐらい食べたところで全く変わりません。

 

では、どうすればいいかというと、サプリメントを利用します。
肝臓にいいしじみの成分をかなり効果的に摂取することができます。

 

改善するにはサプリメントを飲むだけでなく運動も必要です。