脂質は糖質と共に中性脂肪の原料となっています。
脂質を過剰摂取することで体内に中性脂肪が蓄積されます。

 

脂質の摂取を減らせばいいのですが、ただ単に減らせばいいというわけではありません。

 

脂質も動物性の脂肪酸と植物性の不飽和脂肪酸に分類されます。

 

動物性の飽和脂肪酸は、肉や鶏肉などに多く含まれており悪玉コレステロールを増やす働きをします。

 

植物性の不飽和脂肪酸は一価と多価に分類されます。

 

一価はオリーブオイルに多く含まれHDLコレステロールを減らさず悪玉コレステロールを減らします。

 

多価は魚などに多く含まれているIPA・DHAが多く含まれ血液をサラサラにする働きをします。

 

肉を控え、魚を積極的に食べるようにというのはこういった理由からです。
青魚を積極的に摂取するようにしましょう。