肝臓には痛みを感じる神経はなし

脂肪肝と診断されて脇腹あたりが痛いことはあるでしょうか?
実は、脇腹に痛みがあっても肝臓の痛みではありません。
なぜなら基本的に肝臓には痛みを感じる神経がありませんので痛みを感じることはありません。

 

ですので脂肪肝で痛みの出ることはありません。
肝臓当たりに痛みがあるのであれば別の病気の可能性があります。

 

肝臓の脂肪が大きくなると肝臓の細胞の一部が死亡します。
その場合は、血液検査の結果に異常がでます。
ただし、血液検査の結果に少し異常がある程度では自覚症状はでません。

 

症状を感じた時には既に手遅れ

肝臓の病気の場合は、脂肪肝に限らず何かの異変を感じた場合はかなり症状が進行していることになります。
治療をするにしてもかなりの長期間が必要となります。

 

必要なことは、定期的にしっかりと健康診断や人間ドックを受診するということです。
また、検査で異常が認められた場合は自覚症状がないからといって放置せずしっかりとした治療をうけましょう。

 

脂肪肝の場合は、薬による治療ではなく生活習慣の改善となりますが、強い意志をもって改善することです。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら