酒を飲みに行った後ってよくラーメンを食べに行くということはありませんか?

 

飲兵衛にとって飲んだ後のラーメンっておいしいし、定番にもなっています。

 

このラーメンを食べるタイミングというのは、居酒屋で一杯、その後にスナックやカラオケボックスで一杯した後が多いです。

 

一杯の後のラーメンっておいしいですよね。

 

ラーメンが食べたくなるというのはアルコールにより利尿作用で水分が失われて水分とともに糖質も失われるからです。

 

その糖質を補填しようとする生理的な欲求なのです。

 

しかし、この一杯の後のラーメンが実は内臓脂肪の元になっています。
糖質たっぷりのラーメンを食べることによって肝臓に中性脂肪の元を与えてしまいます。

 

元々、ラーメンというのは糖質を多く含んでいますので食べたものが中性脂肪となり肝臓に積されることになります。

 

まして、ラーメンを食べた後家に帰ってすぐに寝てしまったりすると・・・最悪です。

 

まるで中性脂肪を肝臓に蓄積してくださいと言っているようなものです。

 

そもそも酒自体が肝臓で合成されるときに同時に中性脂肪も生成します。
酒にラーメンというのは中性脂肪を増加させることではダブルパンチといえます。

 

飲酒の後のラーメンというのはおいしいのですが、体にとっていいことはありません。

 

付き合いもあるかもしれませんが、少し我慢して飲酒の後のラーメンを食べないようにして肝臓に中性脂肪を蓄積しないようにしましょう。