非アルコール性脂肪肝とは

肝臓というとお酒を飲む人がなるイメージですが、最近ではお酒を飲まない人も脂肪肝になる人が増えてきました。
アルコールと同じく肝臓に30%の脂肪が溜まった状態になります。

 

やはりアルコール性と同様に自覚症状はないため見過ごされがちです。
お酒を飲まないから脂肪肝にならないというわけではないので気をつけないといけません。

 

軽い場合は特に問題がないのですが、重い脂肪肝だと肝炎になってそして肝硬変に進行していきます。

 

非アルコール性脂肪肝になる原因

アルコール性と同様に非アルコール性も放置をしてはいけません。
アルコール性の場合は、アルコールを控えたり飲まなかったりすることで改善が見込めました。
非アルコール性も同様に原因となることを排除すれば改善するはずです。

 

では、非アルコール性の脂肪肝の原因は何かというと、主に生活習慣と言われています。

  • 食べ過ぎ
  • 偏った食事
  • 運動不足
  • 不規則な食事

 

こんな理由です。
アルコール性の脂肪肝とは違い簡単には行きそうになさそうです。

 

要するに日常の生活習慣を変えないといけないということと、日々の積み重ねで肝臓に脂肪が蓄積していったので1、2日何かしても大きくは変わりません。

 

要するにお腹の脂肪を燃焼させてお腹周りをすっきりさせないといけないのが、簡単ではないということは誰もがすぐわかるでしょう。
改善した食事も継続しないといけないし、運動するなら運動も継続しないといけません。

 

それでも年齢がいった人はなかなか改善しません。
普段の忙しさにかまけて何もしないとどんどん状態は悪くなっていきます。

 

自覚症状はありませんが、放置しても改善することはほぼないので強い意志を持って対処していかないといけません。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら