痩せている人が脂肪肝になるケースとは

脂肪肝というとメタボなどの太り気味の人がなる場合が多いのですが、実は痩せている人も脂肪肝になる場合があります。

 

痩せている人が脂肪肝になるのは以下の場合です。

  • アルコールの過剰な摂取
  • 無理なダイエットの場合
  • 強いストレスによる場合
  • 偏った食事をしている場合

 

アルコールの過剰な摂取

アルコールにより肝臓の代謝機能が低下して肝臓に脂肪が蓄積する。

 

 

強いストレスが掛かると交感神経が緊張して肝臓を動かす神経がうまく動かなくなり肝臓への負担が掛かります。
そのため肝機能が低下して脂肪肝となります。

 

偏った食事をしている場合

食事のバランスが悪く炭水化物が多い食事をしていると脂肪肝になります。
肝臓にて脂肪を分解しますが、分解できずに余った脂肪は肝臓に蓄積します。

 

痩せている人の脂肪肝対策

脂肪肝の対策としては、脂肪肝の原因になった内容によります。
痩せているけど脂肪肝と診断された場合は、自分がなぜ脂肪肝になったか考えないといけません。

 

それぞれの原因となったものに対応していく必要があると思います。

 

アルコールの過剰な摂取

これが一番原因がはっきりしています。
お酒をよく飲んでもつまみが少なければ太りません。
具体的にどれだけ飲めば脂肪肝になるとは言えませんが、少量でも毎日飲んでいるのであれば休肝日を作るなどして肝臓を休める日を作りましょう。

 

無理なダイエットの場合

これも原因がわかりやすいと思います。

 

強いストレスによる場合

これは、原因の特定と対処が難しいところです。
なかなかストレスをゼロにすることはできないのでうまく気分転換をするしかありません。
肝臓にいいしじみを多く食べるといいでしょう。
サプリメントなども効果的です。

 

偏った食事をしている場合

麺類など炭水化物が多い食生活をあらためるようにしましょう。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら