黄疸が出たら肝機能が低下している

脂肪肝は自覚症状がでないと言われていますが、黄疸の症状が出る場合があります。
黄疸とは、顔や皮膚の色が黄色くなる症状のことです。

 

黄疸とは血液中のビリルビン濃度が急激に上昇することにより発生しています。
肝臓に何らかの障害が発生していることになります。

 

黄疸の症状が出たら肝機能が低下している可能性があります。
この時点ですでに肝臓の状態はかなり悪くなっている可能性があります。

 

まずは医師による適切な治療を

黄疸と思われる症状が出たらどうするかというとすぐに病院に行くようにしましょう。
自覚症状がないからと言って放置するとさらに重症化して場合によっては治療をしても回復しない場合もあります。

 

肝臓の状態が悪くなければ治療をすれば元に戻ります。

 

脂肪肝の場合は、薬で治療というよりも運動と食事療法がメインの治療となります。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら