黄疸が出たら肝機能が低下している

脂肪肝は自覚症状がでないと言われていますが、黄疸の症状が出る場合があります。
黄疸とは、顔や皮膚の色が黄色くなる症状のことです。

 

黄疸とは血液中のビリルビン濃度が急激に上昇することにより発生しています。
肝臓に何らかの障害が発生していることになります。

 

黄疸の症状が出たら肝機能が低下している可能性があります。
この時点ですでに肝臓の状態はかなり悪くなっている可能性があります。

 

まずは医師による適切な治療を

黄疸と思われる症状が出たらどうするかというとすぐに病院に行くようにしましょう。
自覚症状がないからと言って放置するとさらに重症化して場合によっては治療をしても回復しない場合もあります。

 

肝臓の状態が悪くなければ治療をすれば元に戻ります。

 

脂肪肝の場合は、薬で治療というよりも運動と食事療法がメインの治療となります。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。