γgtpとは何か

まずは、γgtpについて説明します。
健康診断や人間ドックでは、標準で血液検査に含まれておりよく見かけると思います。
γgtpは、「ガンマジーティーピー」と読みます。

 

γgtpは、肝臓だけでなく腎臓・膵臓の血液に含まれている酵素のことです。
肝臓の解毒の役割をします。

 

肝臓の機能が損傷すると血液中にγgtpが流れだし、値が高くなります。
沈黙の臓器と言われて自覚症状がでない肝臓の病気を調べるのにもっともよく使われます。

 

γgtpの基準値は

γgtpの基準値についての説明をします。

 

基準値
男性…10〜50IU/l
女性…9〜32IU/l

 

γgtpはアルコールに過剰に反応するので前日に過剰にアルコールを摂取したりすると検査結果に出る場合があります。

 

γgtpが100に近い値で基準値を超えていてアルコールを飲む場合は、一旦禁酒をして再度検査をすることで値が下がることもあります。

 

γgtpが高くアルコールを摂取しない場合は、肝臓の病気が疑われます。

 

他の血液検査のGOT・GPTなどの結果を見て高値であるならば詳しい検査が必要です。

 

200を超えるような場合は、肝臓の病気が疑われるのですぐに病院に行くとよいでしょう。

 

γ-gtpの値と重症度を表にすると以下のような表になります。

 

10〜50(成人男性) 正常値
9〜32(成人女性)

 

50〜100 軽度の増加
100〜200 中程度の増加
200〜500 高度の増加
500〜 超高度の増加

 

健康診断の結果を見て自分の結果がどれぐらいかは確認するといいでしょう。

 

アルコールは晩酌程度という人でもγgtpの結果が悪い場合は、一度アルコールをやめるようにしましょう。

 

脂肪肝やNASHとγgtpの関係は

脂肪肝にもアルコール性と非アルコール性の2つがありますが、γgtpの値に大きく影響するのはアルコール性の脂肪肝です。

 

アルコールを摂取してγgtcの値が100〜200ぐらいであればまず疑うのはアルコール性の脂肪肝です。
軽度であれば休肝日を設ける、中程度であれば禁酒と治療をしないといけません。

 

一方、非アルコール性の脂肪肝はγgtpの値に影響するかというと少しは影響します。
100ぐらいで軽度の上昇となります。

 

非アルコール性脂肪肝の場合、原因は糖質の取り過ぎなのでγgtpだけでなくAST、ALTなどと合わせて判断します。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。