脂肪肝を改善するしじみの成分

しじみの味噌汁がなぜ脂肪肝にいいかというとしじみに多く含まれているオルニチンを摂取できるからです。
特に味噌汁である必要性はありません、しじみの食べ方として味噌汁がメジャーだからです。

 

オルニチンは体内に存在するアミノ酸の1種です。
オルニチンは肝臓内でアンモニアを解毒する働きをして肝臓の働きを助けます。

 

肝臓の働きを助けることで肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎます。

 

ですのでしじみの味噌汁を飲むことで脂肪肝の改善が期待できます。

 

オルニチンは、しじみ以外にもヒラメ・キハダマグロ・チーズにも含まれていますが、含有量としては圧倒的にしじみが多いです。

 

脂肪肝の改善のためにしじみを効果的に摂取するには

では、どれぐらいしじみの味噌汁を食べればいいかというと
オルニチンの必要量は、1日500〜1000mgとされています。

 

オルニチンの含有量が最も多いと言われるしじみがどれぐらいのオルニチンを含んでいるかというとしじみ100g(約35個)に対して10.7?15.3mg含まれています。

 

味噌汁に入れるしじみの量として35個でも一人分としては多すぎる量なのですが、それでも全く足りないということになります。
しじみだけで必要なオルニチンの量を満たそうとすると5kg必要なことになります。

 

もし、しじみを食べることが出来ても味噌汁の塩分で高血圧になりそうな量です。
毎日の食費からも捻出できるものではありません。

 

しじみや他の食べ物からオルニチンを必要量摂取することは量の面やお金の面で無理がありそうです。

 

では、どうすればいいのか?
食事で摂れる分だけ取るというのも1つです。

 

実は、オルニチンを摂取するのにいい方法があります。
それは、サプリメントで摂取するということです。

 

毎日、しじみの味噌汁を飲む、そして足りない分をサプリメントで補填する。
この方法で脂肪肝の改善を目指すといいでしょう。

 

>>しじみのエキスを凝縮したものです<<