脂肪肝の疑いと診断されても自覚症状はなし

脂肪肝は健康診断や人間ドックで突然診断されます。
特にこれといった自覚症状もない状態でです。

 

健康診断の結果としては、肝臓に少しぐらい脂肪が蓄積されていても「要治療」とはなりません。
「肝臓に脂肪が蓄積されているため不鮮明です」とこんな感じです。
医師からも食べ過ぎに注意をして運動をするようにしましょうというぐらいです。

 

脂肪肝というのは肝臓に脂肪が蓄積された状態ですが、放置すると段々と悪化して肝炎になります。
(正確には病気の1つになります)
これがNASH、非アルコール性脂肪肝炎です。
NASHを放置すると肝硬変になるので軽く見てはいけません。

 

改善は投薬ではなく生活習慣の改善

では、「脂肪肝」や「脂肪肝の疑い」と診断された場合はどうしたらいいか?

 

脂肪肝にも治療薬ウルソという治療薬がありますが、初めて「疑い」と診断された場合や軽い脂肪肝の場合は薬での治療は行いません。
病院に行ったところで治療は必要とは言われないことが多いです。

 

脂肪肝になっている場合だと、コレステロールや中性脂肪も高いことが多いのでそちらの治療を行います。

 

では、脂肪肝を改善するにはどうしたらいいかというと

  • 3食しっかりと食べる
  • 夜遅くに食べない
  • 間食は控える
  • 適切な運動を行う

 

こんなところです。

 

普段の生活習慣の改善なのでよほど意志を強く保たないと改善できません。

 

脂肪肝の改善を助けるのにいいものがサプリメントです。
食事では効率的に摂取できないもので簡単に摂取できます。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら