ダイエットと肝臓

脂肪肝は肝臓に脂肪が蓄積する病気なのでダイエットをするとならないような気がするのですが、ダイエットで脂肪肝になることもあるので注意してダイエットをしないといけません。

 

急激なダイエットをした後にリバウンドをすると肝臓に大きな負担が掛かります。
急激なダイエットをすると血液中の脂肪が急激に減少して脂肪を溜めこもうとします、そしてリバウンドがあれば脂肪が多くなり蓄積をしていって脂肪肝になります。

 

この急激なダイエットとリバウンドを繰り返すことによって脂肪肝になります。
身体全体は、?せているけど脂肪肝になり、このままダイエットとリバウンドを繰り返すと肝硬変になる危険性さえあります。

 

肝臓に負担を掛けないようにダイエットをする

 

本来であれば、ダイエットは脂肪を減らすことなのですが、逆に脂肪肝になるのはダイエットのやり方に問題があるからなのです。
急激なダイエットを行えば、脂肪は減るのですが、ダイエットの方法が急激であればあるほどリバウンドは必ずあります。

 

ダイエットは急激に行うのではなく徐々に落とすべきなのです。
急激なダイエットは命の危険さえあると言えます。

 

一か月に4キロも5キロも減らすようなやり方はやらないようにしましょう。
せいぜい、1〜2キロで身体の負担がないやり方にしましょう。

 

もし、急激なダイエットで脂肪肝になってしまったらどうすればいいかというと

  • 急激なダイエットはやめる
  • 体重の増減を一定にする

 

そうした上で脂肪肝の対策をしましょう。