コーヒーは脂肪肝の改善に効果がある?

コーヒーに関してはいろいろな説があり、内容も同じものではありません。
近年、言われているのが、コーヒーを飲むと脂肪肝が予防できるという説です。

 

コーヒーに含まれる主な成分は、カフェイン・クロロゲン酸・トリゴネリンです。
それぞれの効果に対して説明をしていきます。

 

カフェイン

カフェインには脂肪燃焼効果があると言われています。
ですのでコーヒーを飲むことで脂肪肝の改善が期待できます。
脂肪を代謝するのはリパーゼという酵素の働きによるものですが、カフェインはリパーゼを活性化させる働きがあります。
コーヒーを飲むのも有酸素運動を合わせて行うとさらに効果が高くなります。

 

クロロゲン酸

主にコーヒー豆やじゃがいもに含まれています。
カフェインと同様に脂肪燃焼効果があると言われています。また、糖尿病や動脈硬化の予防にも効果があると言われています。

 

トリゴネリン

アルカロイドの1種でコーヒーやイカ・タコなどの魚介類にも含まれています。
トリゴネリンの効果としては、主に脳の老化やアルツハイマーの予防に効果があります。
これ以外には中性脂肪を分解する働きもあります。中性脂肪を分解する働きが脂肪肝を予防することになります。

 

脂肪肝の改善に効果があるコーヒーの飲み方

脂肪肝の改善の効果が期待できるコーヒーですが、どれぐらいの量のコーヒーを飲んだらいいかということを知っておいたほうがいいでしょう。
カフェインは過剰摂取することで逆に悪影響があると言われているので飲む量は意識をしないといけません。
カフェインは200mg/日未満が推奨されています。

 

コーヒーに含まれるカフェインの量は、80〜100mgですので一日2杯以下にしないといけません。
コーヒー好きで毎日5〜6杯も飲んでいるような人は控えるようにしたほうがいいでしょう。
後、砂糖も少しにするかブラックコーヒーにしないと糖分の取り過ぎになります。

 

気をつけようコーヒーのデメリットとは

最後にコーヒーを飲んだ場合のデメリットについて書いていきます。
コーヒーは誰しも健康効果が抜群と言っている飲み物ではありません。
デメリットも頭に入れておいたほうが、いいでしょう。
過剰に摂取した場合は特に注意となります。

 

カフェインオーバー

カフェインを過剰に摂取すると眠症や高血圧、神経症、心拍数の増加、不整脈などを引き越す可能性があります。
注意をしないといけないのが、コーヒー以外のものにもカフェインが含まれていることを認識せず知らない間に過剰摂取となっていることです。

 

糖分摂り過ぎ

毎回、砂糖を入れて一日に何杯も飲むと糖分の取り過ぎで太ってしまいます。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら