子供でも脂肪肝になる

脂肪肝というと生活習慣病というだけあって大人の病気と思われています。
大人でも20代はあまりなく30代40代と年齢が進むにつれて発生する率は高くなっていきます。

 

若いと基礎代謝が高くて脂肪は蓄積されずに燃焼してしまうのですが、年齢が進むと基礎代謝が落ちてきて脂肪は燃焼せず体内に溜まるからです。

 

どんな子供が脂肪肝になるかというと肥満の子供なのです。
重度な肥満になると肝臓に脂肪が溜まりやすく、重度な肥満の子供は脂肪肝になっていることが多いのです。

 

子供は大人のように定期的に健康診断や人間ドックを受診するわけではないので重度な肥満の場合は親が病院に連れていって検査を受けさせないといけません。

 

子供が脂肪肝になる原因としては、食生活が大きいのです。
偏食が原因で肥満になるのは親の責任なのでしっかりとした献立を作って肥満から脱出するようにしないといけません。

 

親が肥満で子供も太り気味ということはよくありますが、親が肥満で子供も肥満というのはよくあるケースなのでこの場合も充分に食事に気をつけないといけません。

 

子供の脂肪肝は肝硬変リスクが高い

2015年大阪市立大学より注目されることが発表されました。
「子供の脂肪肝は肝臓の硬度が高い傾向にあり肝硬変になるリスクが高い」

 

脂肪肝からNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)になる可能性も高いのです。
そしてNASHから肝硬変になるということです。

 

少し太っていて脂肪肝というだけならまだいいのですが、肝硬変というとただごとではありません。
命にもかかわる病気です。

 

肥満の高い子供は、早いうちから検査により脂肪肝がいなかを検査して病気の早期発見・早期改善に努めないといけません。

 

ひとつ言えることは、沈黙の臓器の肝臓の病気は症状がでるのが遅いので症状が出てからでは遅いということになります。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。