朝食抜きが太る理由とは

お腹の脂肪を減らすには痩せないといけないのですが、痩せるための方法として食事を抜くというのがあります。

 

痩せることで脂肪肝を改善するというのが、狙いなのですが朝食を抜くとかえって太ってしまったりします。

 

脂肪肝になる原因は太ってしまうことが原因なので、痩せれば脂肪肝は改善するはずです。

 

では、朝食を抜けばその分の摂取カロリーは減るはずなのですが、なぜ朝食を抜くと逆に太ってしまうのかです。

 

朝食を抜くと太る理由は、朝食を抜くことで摂取カロリーは減るのですが、昼食・夕食で朝食の分までご飯を食べてしまい合計の摂取カロリーは変わらないからです。

 

一日に摂取するカロリーが変わらないのであれば、昼食・夕食の食事量が増えることになります。
一度に食べる量が多くなると消費できない部分ができてしまい、脂肪となってしまうので逆に太ることになります。
また、朝食を抜いて空腹の時に食事をすると吸収しやすくなります。

 

太りにくい食事の方法

 

朝食を抜くのではなくどのように食事をすれば太らないかというと。

  • 3食しっかり食べる
  • 間食はなるべく控える
  • 就寝2時間以内には食事はしない

 

です。

 

食事量もまったく食べないのではなく少し減らすようにしましょう。

 

大事なのが、ゆっくりしっかりと?んで食べるということです。

 

食事量を減らすとしばらくは空腹感が残りますが、しばらくすると慣れます。
ドカ食いはしないようにしましょう。

 

あとは、運動と併用することが重要です。
食事だけでも極端に量を減らせば、痩せることができますが、運動を併用することで楽に?せることができます。

 

これでもなかなか?せないという人にはおすすめのものがあります。
それは、サプリメントです。

 

もちろん、「やせ薬」ではないのでサプリを飲んだだけで激やせするわけではありません。
食事療法・運動療法を併用することで高い効果が期待できます。