肝生検とは

脂肪肝に限らず肝臓の病気は自覚症状がでないため発見が難しいとされています。
自覚症状が出た場合には、すでに症状がかなり進んでいるので早期発見したいものです。

 

脂肪肝の診断方法としては、血液検査のγgtp・AST・ALTの値や腹部超音波検査・CTなどで判断することが多いです。
これ以外の検査の方法として肝生検があります。

 

肝生検の説明を行います。
肝生検とは、肝臓を針で刺して組織や細胞を採取して顕微鏡で検査をするものです。

 

CTや超音波検査とは違い直接、組織や細胞を見るので正確に診断ができます。

 

肝生検は、超音波検査やCTのようにすぐに終わるのではなく肝臓の細胞を採取しないといけないため麻酔をかけて手術室で行います。
肝生検の際は、痛みがあったりします。

 

患者の立場からすると検査というよりは簡単な手術と感じるでしょう。

 

肝生検で異常があった場合は

 

実は、脂肪肝の疑いか脂肪肝というぐらいでは肝生検はあまり行いません。
簡単な手術という感じなので他の肝臓病の疑いがある場合に行うケースがほとんどです。

 

もし脂肪肝というだけで肝生検を行うのであれば、腹部超音波検査でよほど多くの脂肪が見つかったか、血液検査の結果が悪かったかのどちらかです。

 

もし、肝生検で脂肪肝ではない他の肝臓の病気が見つかったらその病気の治療をすることになります。

 

肝生検だと脂肪の量がどれぐらいあるかが明確にわかります。
もし、脂肪肝が進行していてNASHになっていれば肝硬変になる前に対処しないといけません。

 

脂肪肝も軽度であれば投薬での治療は行いませんが、重度であったりNASHになってしまうとウルソによる治療をする場合があります。

 

仮に投薬治療を行ったとしても生活習慣の改善は必須です。
基本的には投薬をしてもしなくても食事の見直しを行い、運動をするようにしないといけません。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。