肝生検とは

脂肪肝に限らず肝臓の病気は自覚症状がでないため発見が難しいとされています。
自覚症状が出た場合には、すでに症状がかなり進んでいるので早期発見したいものです。

 

脂肪肝の診断方法としては、血液検査のγgtp・AST・ALTの値や腹部超音波検査・CTなどで判断することが多いです。
これ以外の検査の方法として肝生検があります。

 

肝生検の説明を行います。
肝生検とは、肝臓を針で刺して組織や細胞を採取して顕微鏡で検査をするものです。

 

CTや超音波検査とは違い直接、組織や細胞を見るので正確に診断ができます。

 

肝生検は、超音波検査やCTのようにすぐに終わるのではなく肝臓の細胞を採取しないといけないため麻酔をかけて手術室で行います。
肝生検の際は、痛みがあったりします。

 

患者の立場からすると検査というよりは簡単な手術と感じるでしょう。

 

肝生検で異常があった場合は

 

実は、脂肪肝の疑いか脂肪肝というぐらいでは肝生検はあまり行いません。
簡単な手術という感じなので他の肝臓病の疑いがある場合に行うケースがほとんどです。

 

もし脂肪肝というだけで肝生検を行うのであれば、腹部超音波検査でよほど多くの脂肪が見つかったか、血液検査の結果が悪かったかのどちらかです。

 

もし、肝生検で脂肪肝ではない他の肝臓の病気が見つかったらその病気の治療をすることになります。

 

肝生検だと脂肪の量がどれぐらいあるかが明確にわかります。
もし、脂肪肝が進行していてNASHになっていれば肝硬変になる前に対処しないといけません。

 

脂肪肝も軽度であれば投薬での治療は行いませんが、重度であったりNASHになってしまうとウルソによる治療をする場合があります。

 

仮に投薬治療を行ったとしても生活習慣の改善は必須です。
基本的には投薬をしてもしなくても食事の見直しを行い、運動をするようにしないといけません。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら