ASTとALTとは

脂肪肝が疑われる場合の血液検査で見る項目としてγgtpとともによく見るのが、ASTとALTです。
ASTとALTは、何を調べるための検査項目かを説明します。

 

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略で、ALTはアラニンアミノトランスフェラーゼの略です。

 

ASTとALTは、アミノ酸タンパク質が生成される場合に欠かせない「酵素」の1つです。

 

主に肝機能の疾患を調べるための検査項目です。
肝機能障害が発生すると血液中のAST/ALTが増加します。

 

AST/ALTの値を見ることで肝硬変・肝炎・脂肪肝といった疾患を調べます。

 

カッコ付でAST(GOT)とALT(GPT)という表現をされるのは、昔はASTのことをGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)、ALTのことはGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼んでいたからです。

 

ASTとALTの基準値は

 

では次にASTとALTの基準値の説明を行います。

 

AST 30 IU/L以下
ALT 30 IU/L以下

 

基準値を超えると肝臓に損傷を受けている可能性があります。
以下、基準値を超えた場合の目安です。

 

少しぐらいの基準値を超えた程度では心配ありませんが、大きく超えた場合は心配です。

 

100以下 軽度の増加
脂肪肝になるとこの状態になる可能性があります。
100〜500 中度の増加
    ウイルス性の肝炎の可能性があります。
500以上 高度の増加
    かなり重い肝臓の疾患の可能性があります。

 

脂肪肝ぐらいでは、ASL/ALTの値は大きな変化は見られませんが、脂肪肝が進行してNASHになるとAST/ALTの値は増加していくのでチェックしておかないといけません。

 

健康診断や人間ドックでASTやALTの値が高ければ自覚症状がなくてもしっかりとした検査を受けに病院に行ったほうがいいでしょう。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。