ASTとALTとは

脂肪肝が疑われる場合の血液検査で見る項目としてγgtpとともによく見るのが、ASTとALTです。
ASTとALTは、何を調べるための検査項目かを説明します。

 

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略で、ALTはアラニンアミノトランスフェラーゼの略です。

 

ASTとALTは、アミノ酸タンパク質が生成される場合に欠かせない「酵素」の1つです。

 

主に肝機能の疾患を調べるための検査項目です。
肝機能障害が発生すると血液中のAST/ALTが増加します。

 

AST/ALTの値を見ることで肝硬変・肝炎・脂肪肝といった疾患を調べます。

 

カッコ付でAST(GOT)とALT(GPT)という表現をされるのは、昔はASTのことをGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)、ALTのことはGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼んでいたからです。

 

ASTとALTの基準値は

 

では次にASTとALTの基準値の説明を行います。

 

AST 30 IU/L以下
ALT 30 IU/L以下

 

基準値を超えると肝臓に損傷を受けている可能性があります。
以下、基準値を超えた場合の目安です。

 

少しぐらいの基準値を超えた程度では心配ありませんが、大きく超えた場合は心配です。

 

100以下 軽度の増加
脂肪肝になるとこの状態になる可能性があります。
100〜500 中度の増加
    ウイルス性の肝炎の可能性があります。
500以上 高度の増加
    かなり重い肝臓の疾患の可能性があります。

 

脂肪肝ぐらいでは、ASL/ALTの値は大きな変化は見られませんが、脂肪肝が進行してNASHになるとAST/ALTの値は増加していくのでチェックしておかないといけません。

 

健康診断や人間ドックでASTやALTの値が高ければ自覚症状がなくてもしっかりとした検査を受けに病院に行ったほうがいいでしょう。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら