脂肪肝になりやすい年齢は男性と女性で違う

現代では子供でも脂肪肝になるケースがありますが、脂肪肝に成り易い年齢があります。
脂肪肝に成り易い年齢というのは、男性と女性で異なります。

 

男性であれば、30歳を過ぎると脂肪肝に成り易くなります。
これは年齢とともに新陳代謝の低下と不規則な生活習慣が主な原因です。
30歳を超えると仕事も責任のある仕事となり、残業や出張が多く食事が不規則になります。

 

それに対して女性は、40〜50歳以降と少し遅い年齢です。
これは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが肝臓に脂肪をつきにくくしているためです。
40代以降となると女性ホルモンの分泌が減り脂肪が付きやすくなります。

 

閉経になれば、リスクは一気に高くなるので気をつけないといけません。

 

一定の年齢になれば生活習慣には注意

今や4人に1人は脂肪肝と言われるほど多くなっているのである一定以上の年齢になれば生活習慣には注意をしないといけません。

 

脂肪肝には、アルコール性と非アルコール性の2種類があり今回紹介したのは非アルコール性のほうです。
アルコール性の脂肪肝の場合は、飲酒量が多いと年齢に関わらずなる確率が高くなります。

 

脂肪肝に成り易い年齢になった場合は、「生活習慣に気をつけて太らないようにする」です。
週に2回ぐらいは30分以上の運動をするようにしましょう。

 

走るだけでなく筋トレなども基礎代謝を上げて太りにくい身体を作るために効果的な運動です。

 

人間ドックや健康診断の後は、腹部エコー・γGTPなどの結果をチェックして肝臓の状態が悪くなってないか確認しましょう。

【これさえ読めばあなたも脂肪肝を解消できる】

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓にいい成分と言われていますが、オルニチンはどのような成分でどういう効果があるかの説明をしています。オルニチンを効果的に摂取することで脂肪肝の改善や予防の手助けになります。 脂肪肝を改善するオルニチンの効果はこちら