脂肪肝になりやすい年齢は男性と女性で違う

現代では子供でも脂肪肝になるケースがありますが、脂肪肝に成り易い年齢があります。
脂肪肝に成り易い年齢というのは、男性と女性で異なります。

 

男性であれば、30歳を過ぎると脂肪肝に成り易くなります。
これは年齢とともに新陳代謝の低下と不規則な生活習慣が主な原因です。
30歳を超えると仕事も責任のある仕事となり、残業や出張が多く食事が不規則になります。

 

それに対して女性は、40〜50歳以降と少し遅い年齢です。
これは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが肝臓に脂肪をつきにくくしているためです。
40代以降となると女性ホルモンの分泌が減り脂肪が付きやすくなります。

 

閉経になれば、リスクは一気に高くなるので気をつけないといけません。

 

一定の年齢になれば生活習慣には注意

今や4人に1人は脂肪肝と言われるほど多くなっているのである一定以上の年齢になれば生活習慣には注意をしないといけません。

 

脂肪肝には、アルコール性と非アルコール性の2種類があり今回紹介したのは非アルコール性のほうです。
アルコール性の脂肪肝の場合は、飲酒量が多いと年齢に関わらずなる確率が高くなります。

 

脂肪肝に成り易い年齢になった場合は、「生活習慣に気をつけて太らないようにする」です。
週に2回ぐらいは30分以上の運動をするようにしましょう。

 

走るだけでなく筋トレなども基礎代謝を上げて太りにくい身体を作るために効果的な運動です。

 

人間ドックや健康診断の後は、腹部エコー・γGTPなどの結果をチェックして肝臓の状態が悪くなってないか確認しましょう。

脂肪肝の改善や予防にはサプリメントがおすすめ

脂肪肝の改善や予防は生活習慣の改善が必要です。
適切な運動を行って食べるものを見直すということです。


ただし、少しぐらいの生活習慣の改善では脂肪肝はよくなりません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。


サプリメントは、食事では摂取しにくい成分を効率的に摂取することができます。
忘れてはいけないのが、あくまでも補助であるということです。


サプリメントを飲むだけで脂肪肝は改善できません。
自分の意思が強く生活習慣を変えることができるのであればサプリメントは不要です。


以下、おすすめのサプリメントです。


さくらの森 きなり



青魚に多く含まれているDHA/EPAを多く含んでいるサプリメントです。
食べ物でDHA/EPAを摂取しようするとあり得ないほど多くの青魚を食べないといけません。
きなりなら毎日4粒飲むことで1日に必要なDHA/EPAの半分以上を摂取できます。


イマークS

イマーク

脂肪肝というのは中性脂肪が肝臓に蓄積した状態をいいます。
イマークSは飲み続けることで中性脂肪を大幅に減らすことに成功しています。


ソフトカプセルではなく飲み物なので魚臭さがします。
魚臭さはしますが、ヨーグルト風味なので飲みやすくなってます。


魚臭さがいやでなければお勧めです。
飲んでみないとわからないという人はお試しが安いので飲んでみてから判断するといいでしょう。


しじみん

しじみん

しじみんは肝臓にいいといわれるしじみの成分であるオルニチンを多く含んだサプリメントです。
「カルサイト」というしじみの貝殻を使用した新成分は定評があります。


いくらしじみが肝臓にいいといっても毎日食べることは難しいです。
しかし、しじみんならしじみの健康成分のオルニチンを効果的に摂取できます。